自動車保険を安くする方法|見積りを比較して相場を知れ!

『運転者限定条件』で安くする

運転車限定とは本人、夫婦、家族など使用する人を限定することで保険料が割引されるシステムです。家族以外の人に車を貸すことが無いならこの特約をつけましょう。更に年齢条件をプラスすればもっと割引となるため、高齢の夫婦だけの世帯や家族それぞれ車を持っているなら限定を狭くすることをおすすめします。夫婦特約にしておけば長距離移動でも運転を変わることができそれ程不便はないはずです。

『運転者限定条件』ここに注意して!

自動車保険の運転車限定は究極なものでは本人限定にすることができます。ただしその人以外が運転すれば当然事故を起こしても保険は降りないため、他者に借さないことが絶対条件となります。家族で共用することが多いなら、夫婦限定や家族限定など利用できる範囲を広げるようにしましょう。子供が大きくなって車を運転する際には、限定の変更は忘れないで下さい。

自動車保険の見積もりをしよう

保険会社による保険料の違いを目の当たりにしていただくために、ぜひ一度、自動車保険の一括見積サイトを利用してみることをおすすめします。
試しに私が自動車保険の一括見積りをしてみた結果をお見せします。




私の車の現在の保険料が年間33万円ほどですので、三井ダイレクトに乗り換えをすれば、なんと年間で20万円も保険料を安くすることができます。
(※ただしこの見積りには車両保険が含まれておりません。車両保険を追加すると保険料はもっと高くなると思います。)

いずれにしても、保険会社によって、保険料に大きな隔たりが出るということは一目瞭然ですね。

つまり、自動車保険を安くするもっとも効果的な方法は、一括見積りをして保険会社を変更することなのです。

自動車保険の一括見積りサイトですが、保険スクエアbangというサービスがおすすめです。スマホにも対応していますし、マイページなどがとても使いやすいです。

>>私が使った一括見積りサイト