自動車保険を安くする方法|見積りを比較して相場を知れ!

ノンフリート等級とは

自動車保険には1〜20までの等級があります。等級が上がるほど保険料が割り安となり、事故を起こさず長く契約すほど等級は上がっていきます。1年ごとに事故が無く保険の使用が無ければ1等級上がり、保険を使えば一気に数段階下がってしまいます。車両保険では利用しても据え置きとなる場合もありますが、翌年の保険料が上がる場合も見られるため利用する際には良く調べることをおすすめします。

等級の注意点

等級が上がったり下がったりは保険料に影響しますから、どのような際に等級が上がるか知る必要があります。例えば簡素な事故で保険を使った場合でも等級が下がり、翌年に大幅な保険料の引き上げとなってしまう点には注意が必要でしょう。車をぶつけて修理した、車上荒しにあってガラスを修理したなどで保険を使えば、翌年の保険料が上がりかえって負担が大きくなってしまうこともあるのです。

自動車保険の見積もりをしよう

保険会社による保険料の違いを目の当たりにしていただくために、ぜひ一度、自動車保険の一括見積サイトを利用してみることをおすすめします。
試しに私が自動車保険の一括見積りをしてみた結果をお見せします。




私の車の現在の保険料が年間33万円ほどですので、三井ダイレクトに乗り換えをすれば、なんと年間で20万円も保険料を安くすることができます。
(※ただしこの見積りには車両保険が含まれておりません。車両保険を追加すると保険料はもっと高くなると思います。)

いずれにしても、保険会社によって、保険料に大きな隔たりが出るということは一目瞭然ですね。

つまり、自動車保険を安くするもっとも効果的な方法は、一括見積りをして保険会社を変更することなのです。

自動車保険の一括見積りサイトですが、保険スクエアbangというサービスがおすすめです。スマホにも対応していますし、マイページなどがとても使いやすいです。

>>私が使った一括見積りサイト