自動車保険を安くする方法|見積りを比較して相場を知れ!

車両保険の種類

車両保険は一般車両保険・エコノミー+限定A・エコノミーの3種類あります。すべての保障をカバーするのは一般車両保険、ついで限定A、最後にエコノミーとなります。限定が付くと自損事故や当て逃げが対象外となり、エコノミーになれば他社との車との保障しか付いていません。どれが必要かは一概にいえず、保険料と比較の上検討するようにしましょう。

車両保険の必要性を考えてみる

実際に車両保険に加入する割合は半数以下といわれています。車両保険を付けるだけで保険料が倍近くまで跳ね上がるケースもあるため、迷ってしまうのでしょう。車両保険は修理のみで使うのではなく、車対車で事故を起こした際に100%相手が悪くなるケースは少ないため、その際の保障として考える人もいるのです。事故の示談は時間がかかるため、いち早く支払いがされる車両保険で車を直す考えも必要かもしれません。

自動車保険の見積もりをしよう

保険会社による保険料の違いを目の当たりにしていただくために、ぜひ一度、自動車保険の一括見積サイトを利用してみることをおすすめします。
試しに私が自動車保険の一括見積りをしてみた結果をお見せします。




私の車の現在の保険料が年間33万円ほどですので、三井ダイレクトに乗り換えをすれば、なんと年間で20万円も保険料を安くすることができます。
(※ただしこの見積りには車両保険が含まれておりません。車両保険を追加すると保険料はもっと高くなると思います。)

いずれにしても、保険会社によって、保険料に大きな隔たりが出るということは一目瞭然ですね。

つまり、自動車保険を安くするもっとも効果的な方法は、一括見積りをして保険会社を変更することなのです。

自動車保険の一括見積りサイトですが、保険スクエアbangというサービスがおすすめです。スマホにも対応していますし、マイページなどがとても使いやすいです。

>>私が使った一括見積りサイト