自動車保険を安くする方法|見積りを比較して相場を知れ!

損保大手6社とは

損害大手6社は、ミレアホールディングス・あいおい損保・損保ジャパン・三井住友海上・日本興亜損害保険・ニッセイ同和損害保険となります。これらの保険会社の特徴は自動車保険以外にも総合的に保険を提供する企業で、セールスレディや代理店を通し利用します。そのため保険料は通販型と比べると割高なのですが、その代わり契約や損害保険料の請求などを代行してくれるメリットがあります。

シェアNO.1の自動車保険

大手の損害保険会社は自動車保険の多くのシェアを占めています。昔から存在している安心感、大手ならではの交渉力などが評価されています。また、自動車ディーラーや中古店などとの提携も多く、保険に迷ったら大手を利用する方が多いのも利用者が占める理由のひとつです。自動車保険の9割が大手に加入しているともいわれているくらいメジャーな保険会社となっています。

自動車保険の見積もりをしよう

保険会社による保険料の違いを目の当たりにしていただくために、ぜひ一度、自動車保険の一括見積サイトを利用してみることをおすすめします。
試しに私が自動車保険の一括見積りをしてみた結果をお見せします。




私の車の現在の保険料が年間33万円ほどですので、三井ダイレクトに乗り換えをすれば、なんと年間で20万円も保険料を安くすることができます。
(※ただしこの見積りには車両保険が含まれておりません。車両保険を追加すると保険料はもっと高くなると思います。)

いずれにしても、保険会社によって、保険料に大きな隔たりが出るということは一目瞭然ですね。

つまり、自動車保険を安くするもっとも効果的な方法は、一括見積りをして保険会社を変更することなのです。

自動車保険の一括見積りサイトですが、保険スクエアbangというサービスがおすすめです。スマホにも対応していますし、マイページなどがとても使いやすいです。

>>私が使った一括見積りサイト