自動車保険を安くする方法|見積りを比較して相場を知れ!

『免責金額』で安くする

できるだけ車両保険料金を低く下げるためには免責を付けると良いでしょう。免責とは加入者が自己負担する費用のことで、修理代がかかっても一部は支払わなければなりません。その分保険料が手ごろとなるため免責を10万円などに設定しておけば良いのです。また、免責は1回目の修理なら無料だが、2回目以降は有料となるかけ方も利用できます。これを付けるだけで保険料が下がりやすいのです。

『免責金額』ここに注意して!

自動車保険の免責には予め設定してある事項もあるため注意しましょう。車両保険のように加入者自身が金額の負担を調整するだけでなく、保険会社が既に支払わない条件を付けているのです。飲酒運転や無免許運転など無謀な運転では無条件で保険が支払われなかったり、災害の種類によっては適用外となっている場合もあります。また、家族間での損害は補償されないケースも多くなっています。

自動車保険の見積もりをしよう

保険会社による保険料の違いを目の当たりにしていただくために、ぜひ一度、自動車保険の一括見積サイトを利用してみることをおすすめします。
試しに私が自動車保険の一括見積りをしてみた結果をお見せします。




私の車の現在の保険料が年間33万円ほどですので、三井ダイレクトに乗り換えをすれば、なんと年間で20万円も保険料を安くすることができます。
(※ただしこの見積りには車両保険が含まれておりません。車両保険を追加すると保険料はもっと高くなると思います。)

いずれにしても、保険会社によって、保険料に大きな隔たりが出るということは一目瞭然ですね。

つまり、自動車保険を安くするもっとも効果的な方法は、一括見積りをして保険会社を変更することなのです。

自動車保険の一括見積りサイトですが、保険スクエアbangというサービスがおすすめです。スマホにも対応していますし、マイページなどがとても使いやすいです。

>>私が使った一括見積りサイト