自動車保険を安くする方法|見積りを比較して相場を知れ!

ダイレクト系損保とは

ダイレクト系損保とは最近増えてきた通販型の保険のことで、ネットや郵送などを通し利用者が直接申し込むスタイルをとっています。代理店などの中間マージンが発生しないため、割安な保険料がメリットです。ソニー損保などCMでよく見かける保険会社がこのタイプです。保険料が安いほか、ロードサービスが付いていたり、ネット申し込みで割引など付加価値を付けています。

通販型は本当に安心?

若い人の間では通販型の自動車保険のほうが安く手軽なことから受けていますが、やはり大手と比べると示談交渉が弱いのではないか?という不安を多く持つ方もいます。ただしこれはお金をかければ有利な交渉をしてくれるという心理的なもが影響しており、実際には内容はほとんど変わりません。ダイレクト系損保でもお客様満足度が高い業者なら任せられるのではないでしょうか。

自動車保険の見積もりをしよう

保険会社による保険料の違いを目の当たりにしていただくために、ぜひ一度、自動車保険の一括見積サイトを利用してみることをおすすめします。
試しに私が自動車保険の一括見積りをしてみた結果をお見せします。




私の車の現在の保険料が年間33万円ほどですので、三井ダイレクトに乗り換えをすれば、なんと年間で20万円も保険料を安くすることができます。
(※ただしこの見積りには車両保険が含まれておりません。車両保険を追加すると保険料はもっと高くなると思います。)

いずれにしても、保険会社によって、保険料に大きな隔たりが出るということは一目瞭然ですね。

つまり、自動車保険を安くするもっとも効果的な方法は、一括見積りをして保険会社を変更することなのです。

自動車保険の一括見積りサイトですが、保険スクエアbangというサービスがおすすめです。スマホにも対応していますし、マイページなどがとても使いやすいです。

>>私が使った一括見積りサイト