自動車保険を安くする方法|見積りを比較して相場を知れ!

あなたの自動車保険料、高すぎませんか?

車を持っている限り、必ず負担しなければならない自動車保険。
正直、ちょっと高すぎるかもしれないと思っていませんか?
とは言っても、現在の保険料が適正な価格なのか?どうすれば保険料が安くなるのか?保険料を安くするあまり必要な補償を削ってしまわないか?などなどわからないことだらけという方も多いと思います。
このサイトでは、そんな方のために、自動車保険料を安くする方法をわかりやすく説明しております。

そもそも適正な自動車保険料とは?

自動車保険の適正な保険料と一口に言っても、自動車保険は、契約車両の車種や年式、ノンフリート等級、保険の補償内容など、いろいろな要件で、契約ごとに保険料が違ってきます。また、保険会社が、大手損保なのか、代理店型か、ダイレクト損保系か、という違いでも保険料は格段に変わってきます。

 

つまり、所有している車や等級、保険会社などによって保険料が異なるので、自動車保険の相場がいくらとはなかなか言いにくいところがあります。

 

それでも、なおだいたいの相場観としては、

 

5ナンバーの車・・・5万円〜10万円程度
3ナンバーの車・・・15万円〜30万円程度

 

というところが妥当でしょうか。
あくまで一般的な感覚値です。

 

参考: 3ナンバーと5ナンバーの違い

自動車保険を安くするには?

前項で述べたように、自動車保険の保険料は、所有している車や等級、保険会社などによって大きく変わってきます。
それでは具体的に自動車保険を安くするいくつかの方法を列挙してみます。

 

【自動車保険を安くする方法】

 

1)『車両保険』で安くする
2)『免責金額』で安くする
3)『運転者限定条件』で安くする
4)『走行距離』で安くする
5)『年齢条件』で安くする
6)『見積もり』で安くする

 

1)〜5)までの項目は、保険会社を変更しなくても調整ができる方法です。ただし保険会社を変更しているわけではないので、あくまでマイナーチェンジにしかならず、保険料を大きく下げることは難しいかもしれません。

 

そこで一番注目してほしいのは、

 

6)『見積もり』で安くする

 

という方法です。

 

具体的には、一括見積サイトなどを利用して、複数社に改めて自動車保険の見積もりをしてみるという方法になります。
保険料の計算に使う料率は会社ごとに異なりますので、現在より安い保険会社が見つかる可能性は非常に高いのです。現在の保険会社から届いている更新案内などを参考に入力すれば、見積もりの比較はとても簡単です。

自動車保険の見積もりをしよう

保険会社による保険料の違いを目の当たりにしていただくために、ぜひ一度、自動車保険の一括見積サイトを利用してみることをおすすめします。
試しに私が自動車保険の一括見積りをしてみた結果をお見せします。




私の車の現在の保険料が年間33万円ほどですので、三井ダイレクトに乗り換えをすれば、なんと年間で20万円も保険料を安くすることができます。
(※ただしこの見積りには車両保険が含まれておりません。車両保険を追加すると保険料はもっと高くなると思います。)

いずれにしても、保険会社によって、保険料に大きな隔たりが出るということは一目瞭然ですね。

つまり、自動車保険を安くするもっとも効果的な方法は、一括見積りをして保険会社を変更することなのです。

自動車保険の一括見積りサイトですが、保険スクエアbangというサービスがおすすめです。スマホにも対応していますし、マイページなどがとても使いやすいです。

>>私が使った一括見積りサイト